FC2ブログ

媒介契約について

媒介契約について

不動産の売買や貸借などの契約を、
仲介会社に依頼する契約のことをいいます。

仲介会社は、契約内容をめぐる紛争を防止するため、
媒介契約の内容を記載した書面を作り、依頼者に渡さなければなりません。

媒介契約には、次の3つの形式があります。
「一般媒介契約」 
依頼者が複数の仲介会社に依頼できるもの。
「専任媒介契約」
依頼者が特定の仲介会社にのみ依頼するもの。
「専属専任媒介契約」
依頼者が、依頼をした特定の宅建業者の探し出した
相手方(顧客)以外とは取引ができないもの。

わかりやすく説明すると、
「一般媒介契約」は、色々な仲介会社へ依頼できます。
契約件数に規定などはありませんが、
お願いされる成果報酬で動く仲介会社からすると、
やや気持ちが入りづらいかもです。
(頑張ってくださる仲介会社もいますのでそこは運です)

「専任媒介契約」は、1社のみ仲介会社を選定し契約します。
消費者保護の観点から契約は解除することができますが、
契約事なので、まずは媒介契約を結ぶ時に本当に
お願いしてもよい仲介会社か考えましょう。

「専属専任媒介契約」は専任媒介契約とほとんど同じです。
違うところといえば自己発見取引ができません。
なかなか個人の方同士で売買するのは難しいので、
専属かどうかはあまり気には正直なりませんが、
手段の一つでプロに直接売却したり買ったりすることが
稀にあるので、特段なことはなければ専任媒介で良いと思います。
宅建業者と相対(直接取引)については後日説明致します。

成果報酬で働く仲介会社からすると、
媒介契約をとるところから始まっており、
巧みな口頭技術で専任あるいは専属を取ろうとします。

現在はネットが普及してますので、
売買の際は沢山の意見を聞いたり、調べたりし
最善を尽くすことがよいでしょう。

この先お金はとても大事になりますので、
じっくり考えて選択してください。











コメント

非公開コメント